大人カワイイお部屋インテリアのアイディア

照明ってそんなに重要?

色温度って知っていますか?

突然ですが、色温度ってご存知ですか?
照明器具を見ていると、タイプによって様々な色があると気付くことでしょう。この色というのが色温度であり、色温度が低ければ低いほどオレンジ色の光をしています。この光源の色を演色性と呼び、電球のオレンジ色が約3000K、青い空が12000K、蛍光灯などの昼白色が5000~6500Kとなります。
この色温度は低ければ低いほど温かみを感じさせ、リラックス効果を与えてくれます。高くなると雰囲気を明るくしたり、クールでフレッシュなイメージ、さらには集中力を高めてくれる働きがあったりします。
部屋ではどう過ごしたいのか?と考えながら色温度を意識することで、見た目だけではなく部屋での過ごし方を変えることができます。

形にも十分こだわって!

照明器具というのは機能性だけではなく、その外観にもしっかりとこだわるべきです。理由は光源をもたらせてくれる存在なので、自然と目立つ家具となります。その目立つ家具の外観がテイストと合わないことには、せっかくの大人かわいい部屋が台無しです。
また手入れのしやすさも考慮すると美しい状態を保つことができます。女子なら誰もが憧れるシャンデリアは繊細な作りをしていますし、手入れがかなり大変です。まるで舞台照明のようなシーリングライトは安価ながら手入れが楽ですし、シックなテイストが多い背の高い間接照明などがあります。
ムードを大切にしたいのであれば、色温度が低くテーブルなどに置けるような照明だと程よいロマンチックさを演出してくれます。


この記事をシェアする