シューズクローゼット内の整理整頓

シューズクローゼット内をきれいに保つ

どんな場所の掃除をするにしても同じことが言えますが、まずは5Sのひとつめの整理、すなわち必要なものと不必要なものの仕分けと、処分することが肝要です。
もう履かない靴はこの際処分しましょう。
状態が良ければリサイクルショップでも引き取ってもらえるかもしれませんし、フリマアプリなどに出品するのもよいかもしれません。
修理すれば履ける靴は、そのままにしておいてはただの場所を取る荷物になってしまいます。
なのでそれも不要かどうかの見極めをし、必要であると判断した場合は活躍の場を設けるためにも修理に出してしまいましょう。
また、靴のメンテナンスに必要な道具や小物も、必要さえ満たせれば大げさなものは必要ありません。
本当に使うものだけ残し、あとは処分してしまいましょう。

シューズクローゼット内の整頓は難しいか

靴が好きな方や家族が多いご家庭は、靴が溢れかえってしまって収納しきれない、ということも生じるかもしれません。
基本的にはまず不要なものを取り除く「整理」で、シューズクローゼット内の収納スペースを確保することが大前提です。
それでも収納に困る場合は、限りあるスペースを最大限有効活用することによってきれいな玄関を保ちましょう。
シューズクローゼット内専用の収納ケースや靴ホルダーもありますが、場合によってはそれもデッドスペースを生んでしまいます。
シューズクローゼットの形態にもよりますが、お薦めは100円均一などで手に入る突っ張り棒を使用することです。
細い棒を張り伸ばすだけですので場所を取らず、それによって上下の区別がつけられ、それだけでも収納量が倍になります。
また汚れが付きにくいのも利点です。


この記事をシェアする